2005年10月15日

スラ・スランの夜明け

8/13


スラ・スランの夜明け

スラ・スラン

(→ もっと写真を見る



4:30 wake up!

5:00出発。トラウマのスラ・スランへ。

さすがに朝一では店もやっていないだろう。もちろん子供たちの売り込みもない。

まだ寝ぼけながらバイタクの兄ちゃんに連れて行ってもらった。

スラ・スラン到着。まだ暗がりの中だ。





っておい! また昨日と同じタチの悪いchildren!!

朝起きるん早すぎやろ!


今日はからまれないようにできるだけ近寄らないようにした。

意外にもツーリストはほとんどいない。穴場。若干cloudyだが、

それでもスラ・スランの夜明けは綺麗だった。池に写る景色がgreat!



今日は、バンテアイ・スレイ→クバール・スピアン→ベンメリア、の遠方コース。

バイタクでまずはバンテアイ・スレイへと向かった。

カンボジアの農村が広がる。本当に何もない。やはり、

貧しい。 道路が未整備。これは本当にひどい!!

ぼっこぼこ!ケツ痛っ!


シェムリアップ近くでは多くの学生を見かけた。 Private schoolへ行くようだ。

Capital schoolは今vacation。前者は年間数100ドル。 後者の場合は年間数ドルで授業を受けられる。

ただし、成績がいいことが条件。大学はcapital schoolであっても高いらしい。





バンテアイ・スレイ


バンテアイ・スレイ

(→ もっと写真を見る

到着。 ここは当時の遺跡建立時の彫刻が最もその形を残している。

少し赤茶けた色をしていた。



その時、

ルームメイトに遭遇!










シェムリアップに着いてからというもの、

部屋はシェアしていたが、昼間は常に別行動していた。タ・プロームでも彼に会った。

彼は非常にマイペースだが、内側には芯を持った強い人間だと感じさせる。

人のペースも乱さないし、なかなかのgentleman。いいやつだ。

そこから彼も一緒にクバール・スピアンへ向かった。



その途中の道のり。

稲が青々としている。

ベトナムのメコン・デルタでは今がHarvestだった。

同じ東南アジアでも地域によって刈り入れの時期が異なるようだ。

カンボジアでは年に何回Harvestがあるのだろうか?

収穫量はベトナムに比べて少ないのだろうか?

こんなに貧しい国だ。米の収穫量はせめて豊かであって欲しいと願う。


posted by Tiger at 21:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
綺麗ですねぇ・・!

グアムに行ってきましたが・・。

あそこはほんと日本と全然変わらないですね〔汗〕

今度はこの写真のように現地に触れる旅行がしてみたいものです!
Posted by ひよこ at 2005年10月16日 02:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。