2005年09月19日

第8話 プノンペン Killing Field


写真満載のtsudoi.net旅行記ホームページはコチラ。



続いて、killing fieldへ。2ドル。

プノンペンを一歩出ると、道はほとんど整備されていない。

ベトナム、カンボジア、どっちが発展しているか?
8cambodiaroad.JPG
昨日の言葉は撤回。明らかにカンボジアは遅れている。

何もない。広大な大地とたまに見かける寺院。それと牛をよく見かける。

それだけ。

killing field到着。

大きな穴がたくさんある。ここに、

ポル・ポト政権によって虐殺された人々が埋められた。

いや、

「捨てられた」

と言う方がこの場合は正確に表しているかも知れない。

killing fieldもトゥールスレン刑務所と同様、カンボジアの各地にいくつも存在する。

みんな、捨てられた。

中央には無数の骸骨が収められている建物。供養するためだろうか。

奥のほうに歩いていくと、小さな子供がガイドしてくれるという。

1200リエル。安いので頼んでみた。

子供の後ろをついていく。

無言で1周して・・・

え!?終わり!!おいおい、それガイドちゃうやん!
8killingfield1.JPG
1周ぐらい1人で周れるっちゅーねん!しぶしぶ1200R。。。





ここには他にもたくさん子供がいる。

みんな言うのは、

「some money, go to school」

学校へ行く金をくれと言っているようだ。

俺は金を渡すべきか?

本当に学校にいく資金になるのか?

親から言われて金を集めているだけかもしれない。

そういう資金は国のレベルで集めるものだろ!?

働いてお金をもらう習慣をつけなきゃいけないだろ!?

半ば自分に言い聞かせる。でも、

貧しいのは事実だ。葛藤があった。

・・・これでいいんだ!
10market10.jpg
結局、お金を渡さず、ジュースを買ってあげた。



続いてセントラルマーケット。

意外に中の空間は近代的だ。

フルーツ、鞄、ジュース、シャンプー、洗顔クリーム、ココナッツキャンディを買った。

サトウキビとみかんのジュースはうまかった!500R。安い。

キャンディを買った店の人は英語がうまかった。

ここの店員さん、

やたらと明るいし、親しみがあるし、どこか大阪の雰囲気を感じて意気投合!photo 1枚!

しかしこの人・・・男?女?声も微妙に高い。
10market20.jpg
最後までどっちかわからなかった・・・。もちろん、聞けない!

ここには片足の無い物乞いが大勢いる。

地雷を踏んだのだろう。

でも違う、そこで金を渡すのは、何か違う。

後ろめたさは大きく残っていたが、その方法は、違う。

ケチなやつだ

と自分でも思うが、やはりお金は信用できる支援団体に寄付するのが正規のルートではないだろうか?



posted by Tiger at 15:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おかえりなさいです。
無事に帰ってこられたみたいで何よりです。

今回もいい旅をされたみたいですね!

いつもTigerさんの記事を読むと考えさせられます。

旅の疲れをゆっくりとってくださいね。
また更新楽しみにしています。
Posted by ひよこ at 2005年09月20日 08:47
それにしても社長は本当に兄と同じく東南アジアが似合いますね。社長一家のルーツは東南にあり!?ですか?
Posted by Yatto at 2005年10月01日 03:43
Yattoさん
いつも読んでくれてありがとうございます!
東南アジアもフィットしましたがブラジルなどもまた同じものを感じましたよ。とにかく赤道に近いところでしょうか?(笑)
Posted by tsudoi.net旅行記 at 2005年10月01日 13:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。