2005年06月04日

第3話 地下基地ク・チ 前編

第3話 地下基地ク・チ



8月6日


7:30。宿を出る。

今日はベトナム戦争当時の南ベトナム解放戦線のゲリラ活動の

地下基地であったク・チへ向かう。珍しくツアーに申し込んだ。



朝食に、近くでフランスパンのサンドイッチ、菓子パン、水を買った。

「フォーティサウザンド。」

店のおばちゃんに40,000ドン払った。

何やらおばちゃんの子供らしき人物が横で苦笑いしている。

何だ??

・・・あれっ?待てよ。

まだ寝ぼけていて思考回路が停止していたが、

・・・高っ! おいっ!40,000ドンなわけあれへんやん!!

「フォーティーンサウザンド」やろ!?

おばちゃんに聞きなおす。

「今40,000ドン払ったけど、ほんまは14,000ドンちゃうの!?」

・・・バレたか。

と言わんばかりの気まずそうな顔。

我ながら「細かいやつだ」と思いながらも、Cash backしてもらった。



8:00過ぎ。ク・チ半日ツアー出発。

自分以外に日本人が一人だけいた。

東京在住の35歳。以前、「個人旅行」の編集をしており、今は雑誌や本のmistake checkをしている。

月収20〜80万円。悪くない。こんな仕事もあるんだな。

いろんな国を歩き回っており、特に南米が好きらしい。相手のペースを乱さない落ち着きのある人だ。


バスに乗って1時間半ぐらいだろうか。

農村地帯、森林地帯を抜け、ク・チに到着。

パッと見た感じ、建物以外、特にそれらしいものは何も見当たらない。

まずは館内でビデオを見た。

解説の内容はよくわからなかったが、映像はク・チにおけるゲリラ活動の様子だった。

地形を利用して巧みに身を隠しながら攻撃している。

3kuchitunnel1.JPG


その後、森の方へみんなで歩いていった。

急にガイドさんは立ち止まり、下をごそごそあさると、

コンクリートのふたが出現!

引き上げると、小さな穴が開いていた。地下基地への入り口・・・。

こんなところ戦争中は誰も見つけられるはずがない。

すると、ガイドさんの一人が解説、一人がおもむろに穴の中へとすっぽり入った。

写真でよく見かける穴だ。

その後、希望者数名が一人ずつ中へ入らせてもらった。

もちろん俺も!

見た目は到底入れそうもないぐらい小さい穴。

だが、ガイドさんは入っていたから俺も入れるだろう。

いざ!

胸まではすぐに入るが、腕が抜けない!

腕を真上に上げると、イタタタタタ・・・。

何とか中に入れた。意外に入れるものだ。

中は深さ1mぐらいで、少し広い空洞になっている。湿気を強く感じる。

もがく!
こんなのよく作ったもんだ・・・。

ん?入ったものの・・・出れるのか??

また両手を真上に上げ、腕から外へ出す。またいっぱいいっぱい。

もがいている写真を1枚。



しばらく歩くとベトナム戦争当時の戦車が放置されていた。

まだなんとなく生々しい。

そういえばさっきのビデオの中で、

ベトナム人がこの戦車に果敢に立ち向かい、爆破するシーンがあった。

ベトナム戦争当時の戦車
ふと、第2次世界大戦当時のノモンハン事件のことが頭をよぎる。

当時の在満州日本軍である関東軍は、一部の無能な上層部の指令により、

ソ連軍の近代化された大戦車部隊に対して、ほとんど歩兵だけで対抗しようとしていたのだ。

全く愚かである。自分がもしその部隊に配属されていたら、と想像してしまった。

こんな戦車を相手にしていたのか・・・。

ベトナム戦争当時のベトナム人も、第2次世界大戦当時の日本軍も、末端兵士は極めて勇敢だったのだ。

posted by Tiger at 17:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

地形
Excerpt: 地形地形(ちけい)は、地表がどのような形状かを示す語。その規模により、大地形・小地形・微地形に分けられる。;大地形:大規模な地殻変動によってできた大規模な地形。大陸の形・大山脈・大平原など。小地形:侵..
Weblog: 世界・各国・万国
Tracked: 2005-06-09 22:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。