2005年10月22日

ベンメリア

ベンメリア

ベンメリア

(→ もっと写真を見る



ここはほとんど遺跡に手がつけられていない。

内戦時の地雷は昨年になってようやく撤去されたところだという。


しかし、一歩遺跡から離れるとまだ地雷が埋まっているかもしれなかった。

そのぐらい未整備なだけに、なおさら当時の文明に直接触れられる気がするというものだ。

たくさんの木々に囲まれている。丈の高い草も生い茂っている。

倒れた石はそのまま横たわっている。

石が積みあがっていて行き止まりになっていたり、

踏み石が無くなっていて足を踏み外せば下に落ちそうになるところがあったり、とにかく中は迷路のようだ。







ベンメリア




更に、

地雷の恐怖も常に頭の中に存在する。

しかし、

ベンメリアという遺跡は、冒険心と想像力を掻き立てられる、非常に魅力的な遺跡だった。





15:00 再び宿に戻ってきた。

今日は本当に疲れていたので仮眠。



16:30 起床。プノン・クロムへsunsetを見に出発!

と、またもやスコール。

40分ぐらい足止めをくらう。本当にこの時期東南アジアではスコールがよく降る。

雨が上がり、再びGo!






プノン・クロム

(→ もっと写真を見る

プノン・クロム
プノン・クロムは小さいが、かなり遠くからでも一目でわかる。

それだけカンボジアには山が少ない。

プノン・バケンもそうだが、この“プノン“というのは、”山“という意味で、

シェムリアップ周辺には山は3つしかない。プノン・クロム、プノン・バケン、プノン・ボック。

プノン・クロムに登った。見た目以上に長い坂道だ。

頂上に辿り着くと、そこには寺院が立っていた。

そしてその背後には、広大なカンボジアの大地が広がる。

実に緑の多い大地。見渡しても緑ばかり。地平線ばかり。

反対側に目を向けると、プノンペンからボートに乗ってやってきた、あのトンレサップ湖が眼前に広がり、その先には水平線。


スコールまでも遠くからよく見えた。

雲の下に薄くもやが広がって見える。あれが雨なのだろう。本当にシェムリアップの全てが見渡せた。

プノン・クロムが昔から軍事拠点だったというのもうなづけるし、

頂上に寺院を建立したくなる気持ちもまたよくわかる。

確かに神聖な雰囲気があった。



頂上で、日本人の3人家族と出会った。

陽気なお父さん。

「ヘビの焼いたやつ買ったんだけど、兄ちゃん食べてみるか?」

「やーねー、こんなもの食べて。そんなの勧めたらたらだめよ、お父さん。」


と、お母さんのツッコミ。 抜群のコンビネーション。

しかし、

ヘビにも興味あり。遠慮なく頂いた。

味はチキン。でも骨と皮だらけで、食べにくい!!

特にもう一度食べたいとは思わない・・・。





夜はオールド・マーケットへ繰り出した。

「大衆食堂」といった雰囲気。 “コンビ二もどき“ もあり、何でもそろっている。

けっこう生活には困らなさそうだった。アイスがめっちゃうまい!3000R。

今日は本当に疲れている。 明日もsunriseを見るために4:50起きだ。

明日はバイクの上で寝んようにせなあかんな・・・。

Good night 22:20。



posted by Tiger at 12:47| Comment(25) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。