2005年10月01日

シェムリアップ到着

8/11


5:30 起床。

モーニングコールをかけてもらった。

めちゃめちゃ腹が痛い。昨日の夜食べたかぼちゃプリンのせいか?

マジで痛い。朝飯もほとんど食えない。

それでもなんとか6:30出発で、昨日のバイタクの兄ちゃんにボート乗り場まで連れて行ってもらった。



6:50 ボートに乗る。

かなりいいボート。エアコン+TV付。そら25ドルするわ。

偶然にも、出発直前、昨日王宮で会った日本人に再会!!
11japanese0.jpg
出発後、彼と一緒にボートの屋根に上った。

風が吹いていて気持ちがいい!

ボートのスピードは香港−澳門間で乗ったターボジェット並!

めっさ速い!


途中、川幅がかなり狭いところがあった。

数年前はここで時々ゲリラからの銃撃があったと聞いた。

・・・それほんましゃれにならんやん!!

撃ってこられたら全くもって逃げれる気がしない。



12:00 シェムリアップ近くのボート降り場に到着。

旅行会社の迎えがいっぱい来ていた。

結局、日本人の彼と部屋をシェアすることにした。今年新築のゲストハウス。

値切って2人で5ドル。かなりきれいな部屋だ。



16:30 早速アンコール遺跡へと出発。

明日からのアンコール遺跡 3 day passを購入!40ドルもした。

実際、この国はアンコール遺跡群で持っているようなもの。貴重な収益源だから仕方がない。

夕方からはpass無しで入れるようなので、早速sunsetを見にプノン・バケンへと向かった。

道はかなりきれい。ここシェムリアップは毎年ものすごい勢いで観光地化が進んでいる。

1年前は街灯も無かったというのが信じられない。

さあ、ついにアンコール遺跡だ。




11pnonbaken0.jpg プノン・バケン(→ もっと写真を見る


いきなり非常に急峻な坂。

やっとのことで登りきると、遺跡の階段が・・・、

もっと急なんかい!!

足を横にしないと登れない。

後でわかったことだが、アンコール遺跡群の階段はほとんど全てこの急な階段だった。

“神”という存在を高めるためだろうか。

頂上からの景色はとてもきれいだ。

地平線、水平線、そしてアンコール・ワットが見事に上から眺められた。

日が落ちていくに連れて周りにはどんどん人が来る。

なんと日本人の多いことか。海外に来て日本人ばかり見かけるのは少し興冷めしてしまう。

結局、今日は曇っていてsunsetは見れなかった。

それにしてもとにかく人が多い!日本人が多い!3分の1ぐらいが日本人だった。





18:30 宿に戻る。

風呂に入った後、チェンラーという日本人が多く集まる宿のレストランに行った。

焼きそばとパイナップルシェイク。3500R。

焼きそばはインスタントの塩焼きそばと同じ味。

あっ!

ボンカレー!さらにサッポロ一番!

思いっきり日本のインスタントやん!


どうもこのレストランのカレーは全てボンカレー、ラーメンは全てサッポロ一番ベースのようだ。

おまけに焼きそばまでサッポロ一番を焼いている・・・。

ま、いいや。たまに日本食(インスタントであっても)が恋しくなるものだ。

バイタクの兄ちゃんたちと明日の夕方サッカーをする約束を取り付け、宿に戻った。

さて、バンコクに戻った後どうしようか・・・。

ラオス、ミャンマー、バンコク近辺??

とりあえずアンコールにどれだけ、何日かけるだけの魅力を感じるか。

明日は5:00起き。Sunriseを見るぞ!

ここでも子供がお金をせびってくる。 ゴメンよ〜。

Good night 21:30。ちょっと早すぎるなー・・・。



posted by Tiger at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。