2005年09月25日

カンボジア人の集まる店


写真満載のtsudoi.net旅行記ホームページはコチラ。



19:00。まだまだ時間はある。

自分は旅行に来ると、暇さえあれば外に出るタイプである。

宿を出ると、すぐに声をかけられる。またか。

その中に1人、面白そうなやつがいた。

セーイ、24歳。大学生。授業料を稼ぐためにバイタクをやっている。

直感で間違いなくいいやつだと思った。

でも今から晩飯食いに行くだけのつもり。

近場だからゴメン!バイタクはいらない!歩いて行くよ!

プノンペンのメインロードはやはり栄えている。

いろんな店があり、飯もうまそうだった。

なぜか中華料理店を発見し、無性に中華が食べたくなった。

麻婆豆腐、チャーハン、餃子。Total 4ドル。

食べきれないぐらいの量。でもめっさうまかった。

その後さらにかぼちゃプリンの店へ。1000R。

だが、これはぬるくてまずい!





もう21:00前。

宿の前まで戻ってくると、

・・・あれっ!?

まだおるやん!!


・・・さっきホテルを出たときにいた彼。

「セーイ!何やってんの!?」10sei0.jpg

・・・約3時間、ずっとホテルの前で客を捕まえられずにいたらしい。

What??

申し訳ないが笑ってしまった。

しばらく立ち話。

・・・本当に真っ直ぐな人間だ。

どうも真っ直ぐすぎて損ばっかりしている様子。

しかし、彼は常に笑顔を絶やさない。

愛嬌があって非常に好感の持てるGentlemanだ。



「飲みに行こう!?」 とセーイに誘われ、

彼のバイクに乗ってBarに連れて行ってもらった。

もちろん、無料で。



すげー!こんなとこあったんや!?

と、びっくりするほど華やかなBar。

川に浮かんでいた。少し小さい豪華客船のようなBar。

中はけっこう広く、100人ぐらいは入れそうだ。

基本はテーブルに座って酒を飲むスタイルだが、

中央には歌手がいて、ディナーショーのような雰囲気もある。

そのうち、客のみんなも中央に集まって歌にあわせて踊りだした。

ここにはツーリストはほとんどいない。

カンボジア人の集まる店

のようだ。

歌手もカンボジアで有名な歌手たちが何人か歌っているらしい。

それもそのはず。

カンボジアで栄えている街はプノンペンとシェムリアップのみ。

カンボジアでテレビに出るような有名人は全てこのプノンペンにいるといっても過言ではない。

歌の雰囲気はどこか昭和を思い出させる。

雰囲気は抜群!最高!めちゃめちゃ楽しい!

自分もセーイもテンションが上がり、中央に踊りに行った。

「踊り」

と言っても至ってシンプル。リズムに合わせて手を振り足を上げ前後に歩く。

別にカンボジアの伝統舞踊などではなかった。

しかし、妙に楽しくなってしまう。

カンボジアにはパワーが溢れていた。

内戦がようやく終わり、これから一生懸命国を発展させようとしている人々の活気が多分に伝わってくる。

素朴でいて、力強い。



しばらく踊った後、

セーイと30分程自分たちの国についてお互いに語り合い、

部屋の外に出た。

いい店に連れてきてくれてThank you!





23:00。宿に戻る。メールアドレスをもらってセーイと別れた。

セーイからは日本に住んでいてはではわからない貧しさを思い知らされた。

大学の授業料を払えない。

セーイには彼女がいる。しかし、

「結婚はしたいけど、自分は貧しいから、結婚したら彼女が不幸になる。

だから別れるつもり。それが現実だよ。仕方がない・・・。」

泣き出しそうだがこらえている。



「そんなの乗り越えられるって!セーイ、それでいいのか!?

貧しくても好きな人と一緒になる方が幸せになるに決まってるって!!」



とは、言えなかった。

その「貧しさ」を僕は経験したことがない。

僕から彼に一体何が言えるだろうか。説得力なんて微塵も無い。

ただただ、何も言えず、彼の話を聞いていることしかできなかった。

僕は日本でぬるま湯に浸かっている。

世界において幸せとは、当然あるべきものなどではない。

それを忘れてはならない。


23:30 Good night.

posted by Tiger at 22:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

第8話 プノンペン カメラ紛失事件


写真満載のtsudoi.net旅行記ホームページはコチラ。



王宮。3ドル。

特に面白くもなかった。ここで1人の日本人に会う。

横浜出身。2ヶ月前から東南アジアにいるらしい。彼はずっと暑い、暑い、を連発!

だいぶまいっているみたいだ。

王宮には、すごいな、きれいやな。That’s all。これだけしか感じない。

・・・しまった!!!

うかつであった。

王宮ではカメラの持込が禁じられていたため、外で待つバイタクの兄ちゃんにカメラを預けてしまった。

1日US 5ドルで契約したバイタクの兄ちゃんに、US300ドルのカメラ。

持って逃げられたら終わりだ。

王宮から外に出るともう既にバイタクの兄ちゃんの姿は見えなかった。

ベトナムの思い出が・・・

「この辺にバイタクの兄ちゃん見かけなかった!?」

必死に周りにいる人たちに聞いてまわった。

一番大事なものを無くしてしまった・・・。
と、4人目ぐらいで、

「あそこ。」

1台の車を指差す。

え・・・?

寝てるー!!!

車の中で寝てるー!!


・・・彼の友達のタクシー後部座席を拝借していた。

カメラもしっかりキープしている。

「ふぁ〜、もう見終わった?」

あくびをしながら普通に言われた。

・・・。

「・・・うん、王宮きれいだったよ。」

もちろん、こちらも平静を装った。



疑った自分が恥ずかしい。

旅をするといつも葛藤がある。

・・・この人は信用できるだろうか?

今まで、

いい人だと信用して騙されたこともある。

いい人なのに冷たくしたこともある。

徐々に初対面の人を見極める感覚は身についてきたつもりだが、

はずれることもあった。

バイタクの兄ちゃん、疑って本当にごめん!



今日はいい宿なので帰ってゆっくりしよう!

たまっている洗濯物をしっかり洗濯。

といっても、洗濯はいつもシャワーで手洗いするのみ。

とりあえず宿に帰った。

posted by Tiger at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

第8話 プノンペン Killing Field


写真満載のtsudoi.net旅行記ホームページはコチラ。



続いて、killing fieldへ。2ドル。

プノンペンを一歩出ると、道はほとんど整備されていない。

ベトナム、カンボジア、どっちが発展しているか?
8cambodiaroad.JPG
昨日の言葉は撤回。明らかにカンボジアは遅れている。

何もない。広大な大地とたまに見かける寺院。それと牛をよく見かける。

それだけ。

killing field到着。

大きな穴がたくさんある。ここに、

ポル・ポト政権によって虐殺された人々が埋められた。

いや、

「捨てられた」

と言う方がこの場合は正確に表しているかも知れない。

killing fieldもトゥールスレン刑務所と同様、カンボジアの各地にいくつも存在する。

みんな、捨てられた。

中央には無数の骸骨が収められている建物。供養するためだろうか。

奥のほうに歩いていくと、小さな子供がガイドしてくれるという。

1200リエル。安いので頼んでみた。

子供の後ろをついていく。

無言で1周して・・・

え!?終わり!!おいおい、それガイドちゃうやん!
8killingfield1.JPG
1周ぐらい1人で周れるっちゅーねん!しぶしぶ1200R。。。





ここには他にもたくさん子供がいる。

みんな言うのは、

「some money, go to school」

学校へ行く金をくれと言っているようだ。

俺は金を渡すべきか?

本当に学校にいく資金になるのか?

親から言われて金を集めているだけかもしれない。

そういう資金は国のレベルで集めるものだろ!?

働いてお金をもらう習慣をつけなきゃいけないだろ!?

半ば自分に言い聞かせる。でも、

貧しいのは事実だ。葛藤があった。

・・・これでいいんだ!
10market10.jpg
結局、お金を渡さず、ジュースを買ってあげた。



続いてセントラルマーケット。

意外に中の空間は近代的だ。

フルーツ、鞄、ジュース、シャンプー、洗顔クリーム、ココナッツキャンディを買った。

サトウキビとみかんのジュースはうまかった!500R。安い。

キャンディを買った店の人は英語がうまかった。

ここの店員さん、

やたらと明るいし、親しみがあるし、どこか大阪の雰囲気を感じて意気投合!photo 1枚!

しかしこの人・・・男?女?声も微妙に高い。
10market20.jpg
最後までどっちかわからなかった・・・。もちろん、聞けない!

ここには片足の無い物乞いが大勢いる。

地雷を踏んだのだろう。

でも違う、そこで金を渡すのは、何か違う。

後ろめたさは大きく残っていたが、その方法は、違う。

ケチなやつだ

と自分でも思うが、やはりお金は信用できる支援団体に寄付するのが正規のルートではないだろうか?



posted by Tiger at 15:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

第8話 プノンペン4



今まで旅した世界各国の写真を満載!tsudoi.net旅行記ホームページもご覧下さい!



8/10


9:00出発。

ゲストハウスを出てすぐに、昨日コーヒーを買った店で

バイタクの兄ちゃんに声をかけられた。フレンドリーで明るいやつだ。

それにしても彼の食ってる飯がめちゃめちゃうまそう。

「それうまそうやねー?」

スペシャルメニューらしい。常連客だ。

「俺もそれ頂戴!」

店のおばちゃんは快く引き受けてくれた。感じがいい。

焼肉ピラフ+コーヒー(2500リエル = 75円)

激安!!


バイタクの兄ちゃんが商談を持ちかけてきた。

プノンペン周辺を走ってくれるらしい。

1日US 5ドル。ベトナムより安い。

いいやつっぽかったから彼のバイクに乗せてもらうことにした。



まずは翌日のシェムリアップ行きのボートのチケットを買いに行った。

25ドル。これは高いやろ!

次にホテル。15ドル。少し高いが、洗濯物もたまっていたのでよしとしよう。



突然、

バイタクの兄ちゃんの弟と称する者が現れた。

そしておもむろに兄と運転をチェンジ!

え!?なんで!?


結局理由はわからなかった。
まあ別に構わない。英語があまり通じないのがやっかいだが、兄と同じくいいやつっぽい。



いよいよ周辺観光。
8kangoku1.JPG
トゥールスレン刑務所へ向かった。2ドル。

ここは、ポル・ポト政権によって、ほとんど無実の罪で捕らえられた人々が収容された刑務所。

ポル・ポトは、その政権樹立後、カンボジア全国民の約3分の1を虐殺したと言われている。

カンボジア国内の多くの学校が、ここと同じように臨時刑務所となった。

自然と顔がひきつる。A棟は拷問が行われていたベッド。それと実際の写真。

白黒でよくわからなかったが、雰囲気は十分に伝わってくる。

床にはまだ血痕が残っていた。



B棟。死刑執行の直前に撮られた顔写真。

とんでもない数だ。壁が全て写真で埋め尽くされていた。

なぜ写真を撮ったのだろう?わからない。


8kangoku2.JPG
C棟。独房が1階と2階にあった。

静かだ。当時も静かだったのだろうか?

それとも、うめき声?叫び声?泣き声?笑い声?

恐怖と憤りを感じる。

決して繰り返してはならない、こんなこと。

この気持ちを忘れないためにしっかり写真を撮った。

D棟。1階にはたくさんの拷問の様子を表した絵。

鞭で叩かれる、爪を剥がされる、ナイフで首を切られる、水につけられる、・・・

自分がやられることを想像してみた。

吐きそうだ。

拷問をする側の人間はどんな思いだったのだろうか?

楽しいのか?嫌々ながら仕方なく?
頭おかしいんちゃうか!?

3階ではMOVIEを放送していた。

生き延びた人の証言と農村に強制移住させられた人々の働く風景。

英語がよく聞き取れなかったが、とにかく辛い思いをひたすら語っていた。

もう一度1階へ。おびただしい数の骸骨。

あの有名な、骸骨をカンボジアの国の形に並べたものである。
8gaikotsu00.JPG




posted by Tiger at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。